ミッション・ウミガメ・レスキュー

NGK-9

ミッション・ウミガメ・レスキュー

自分のレビューを作成する

著者 カレン・ロマノ・ヤング
訳者 -
ISBN 978-4-596-58359-8
頁数 80頁
発行日 2019年06月25日
定価 1,760円(税込)

ナショナル ジオグラフィック キッズ〈ミッション・アニマル・レスキュー〉シリーズウミガメが元気な海は、健全な海の証。7種すべてが絶滅の危機に直面しているウミガメを守り、豊かな海を取り戻そう!

青い海を悠々と泳ぐウミガメは、美しくゆたかな海のイメージそのものだ。

だがいまウミガメは絶滅の危機にある。

理由のほとんどは、人間がつくりだしたものだ。


だからまず、ウミガメを知ることからはじめよう。

知ればきっと好きになる。

そして、守りたい気持ちがわいてくる──。


■見どころ

・ウミガメの生態を美しくダイナミックな写真で伝える、貴重な子ども向け科学読み物。

・ウミガメって、そもそもどんなカメ? リクガメ、淡水ガメとも違う、独自の進化を遂げたウミガメの種類、生息域、生態を豊富な写真を交えて詳しく解説。

・世界中のウミガメや研究者を知り尽くした日本ウミガメ協議会会長、松沢慶将氏による監修で、正確な情報を日本の子どもたちに伝える。

・ 必読! レスキュー隊長ココリコ田中の書き下ろし、おもしろくてためになるコラム「爬虫類のスゴさ」。両生類が、爬虫類に進化できた秘密とは? 爬虫類上陸大作戦のヒントは、「卵」!?

・レスキュー隊長企画! レスキュー・アクティビティーは「ウミガメの一生レース」。子どもたちと一緒に、ウミガメの生態を障害物競走で楽しく学ぶ。近年、多くのウミガメを苦しめているポリ袋などの海洋プラスチックごみの問題も、ともに考える。



■各章の内容

1章 海の旅人
卵からかえり、海を目指すと、オスは一生を泳いで過ごす。メスは自分の生まれ故郷の砂浜に戻って産卵する。海で生きるウミガメの生態を解説。

2章 ウミガメの世界
世界中の海で見られるウミガメ。日本でも見られるウミガメは? 寒いところでも深い海にも潜れる特別なウミガメって?

3章 海をめざす命
砂浜に産みつけられるウミガメの卵。まわりの温度が高いとメスになり、低いとオスになる。地球温暖化が進むと、メスだらけになってしまう…? 

4章 謎だらけの子ども時代
砂浜で卵からかえり、いっせいに海を目指すウミガメの赤ちゃん。大海原を漂うように泳ぎ始めるが、その後おとなになるまでの数十年間は、いまだ大きな謎に包まれている。

5章 ウミガメと人間
人間は、古くからウミガメを食料にしたり、甲羅で道具を作ってきたりした。ウミガメが大きく数を減らすなか、人々の意識は、ウミガメを捕ることから守るほうへ変わっている。

6章 ウミガメを絶滅から守ろう
ウミガメを守るには、どうしたらいいだろう? 子どもにもできる保護活動を考える。



■〈ミッション・アニマル・レスキュー〉シリーズとは:
動物園や水族館で人気の生きものたち。なのに、地球上からどんどん姿を消しているのはなぜ…?
絶滅危惧動物を取り巻く環境を知り、人間との共存を考える。
子どもたちが初めて出会う、図鑑を超えた動物シリーズ全8巻。
サメ、パンダ、ライオン、シロクマ、トラ、オオカミ、ゾウ、ウミガメ


芸能界随一の生きもの大好き芸人、ココリコ田中直樹がシリーズ日本版に企画立案・企画監修として参加。レスキュー隊長として、子どもたちと動物保護を考える。



■ナショナル ジオグラフィックについて
1888年に設立された、科学と教育を推進する世界有数の非営利団体。
さまざまな教育活動を通じて、人々の相互理解と地球環境の保全に取り組んでいる。

本部は米国ワシントンD.C.。

"

読者レビュー

読者レビューはまだございません。

自分のレビューを作成する