スタンフォードが教える本当の「働き方改革」

NF-44

スタンフォードが教える本当の「働き方改革」

自分のレビューを作成する

著者 リア・ワイス
訳者 片山奈緒美
ISBN 978-4-596-55144-3
頁数 336頁
発行日 2019年5月20日
定価 1,944円(税込)

最難関MBAコースで今、未来のリーダーが学ぶ“ソフトスキル”とは──職場のストレスを科学的に軽減する、マインドフルネス進化形。リーダーのための最新理論。ソフトスキルは技術的スキルと同程度か、それ以上に重要だ:YES 92%ソフトスキルを備えた人材を見つけるのに苦労している:YES 89%──ウォール・ストリートジャーナル調べ、企業重役900人に調査

ソフトスキルとはコミュニケーション・適応力・問題解決能力・共感力・創造性・理解力・決断力・クリティカルシンキングなど他者と効果的に関わる能力のこと。 対して、ハードスキルは会計・法律・外国語・プログラミングなどの専門知識や技術的能力を指す。 私たちは毎日、多くの時間を仕事に費やす。 なのに、職場は私たちが最も失望し、弱気になり、圧倒され、嫉妬し、不安になり、いらだち、腹を立て、本当の気持ちを口に出すのをためらう機会の多い場所だ。 どうしたら社員は、そのようなネガティブな感情に振り回されずに、より大きなゴールに焦点を合わせられるだろう? スタンフォード大学ビジネススクールの超人気講座を完全収録!

編集者コメント

【目次より】
第1部 「目的」のある働き方

第1章 有害な職場環境を改善する
 職場に人間らしさを取り戻す
 ソフトスキルvsハードスキル
 タッチー・フィーリー

第2章 「仕事力」をよみがえらせる
 心の訓練
 三つのマインドフルネス
   1.エンボディメント(身体化)
   2.メタ認知
   3.フォーカス

第3章 「目的」を設定する
 仕事の満足度向上のために
 健康への貢献
 困難を克服する
 ジグソーパズルと全体像
 「目的」を表現する
   トップダウン式アプローチ
   ボトムアップ式アプローチ
 積極的な優先順位づけ

第2部 職場でも「自分自身」であるために

第4章 「思いやり」の心を育てる
 「思いやり」とは?
   行動を生み出す
   幸福への道
   無限の広がり
 違いを超えて

第5章 自分と上手につきあう
 「自分への思いやり」とは?
 二本の矢
   第一の矢:恥の感覚
   第二の矢:否定的なスクリプト
   第一の矢:焦りの心
   第二の矢:非生産的な対処
 「自分への思いやり」の実践
 「自分への思いやり」と自尊心

第6章 感情が授けてくれる知恵
 感情の「クレバス」の中へ
 失敗するアプローチ
   感情の抑制の弊害
 感情と意思決定
 推論のはしご
 感情をコントロールする
   リフレーミング/再評価
   受け入れ
   問題解決
 マインドフルネスと率直さ:最大の恐怖は何か?
   いつもとは逆の行動を
   あらかじめ反応を決める
   他者は敵ではない
   ギャップをチャンスに変えて

第3部 失敗と振り返り――成功する人と組織の習慣

第7章 上手に失敗する――振り返りの効能
 振り返りとは?
 失敗するアプローチ
   自己批判
   反芻思考
   完璧主義
成功するアプローチ
   肯定的なセルフトーク
   責任は我が身に
   過ちを認める
   改善のためのフィードバック

第8章 勇気とレジリエンス
 勇気の要素
 訓練を重ねて
 道徳的勇気
 一〇〇パーセントの責任

第9章 目的意識を持った組織
 リーダー主導のアプローチ

  謝辞
  原注

読者レビュー

読者レビューはまだございません。