ハーパーBOOKS(文庫)

ついには誰もがすべてを忘れる

H-105

著者 フェリシア・ヤップ
訳者 山北めぐみ
ISBN 978-4-596-54105-5
頁数 560頁 / 文庫判
発行日 2019年2月20日
定価 1,260円(税込)

新型記憶ミステリー登場!被害者、容疑者、容疑者の妻、刑事。殺人事件の手掛かりは、4人の穴だらけの記憶──。「2017年の文学的事件。まったく予想できない結末」──『ニューズ・ウィーク』誌「哲学的なページターナー。新たな才能が現れた」──『ザ・オブザーバー』紙「独創的……。巧妙で絶妙、極上の娯楽」──『パブリッシャーズ・ウィークリー』誌

ケンブリッジの川のほとりで、ブロンド美女の遺体が発見された。被害者の日記によれば、女は有名作家エヴァンズの愛人だという。だが容疑者エヴァンズはファンの誇大妄想だと関係を否定する。一方、容疑者の妻クレアは事件が発生した2日前の記憶がなかった。毎朝おととい以前の記憶を失うのだ。そして事件を追う警部も大きな秘密を抱えていた──。誰の記憶も信用できない、新たな衝撃作!

読者レビュー

読者レビューはまだございません。